bisiness

人事考課について目から鱗を取ろう


さっしーです。

サラリーマンなら人事考課って聞いた事あるはずです。

ていうか、気になる人も多いはず。

昇格昇進、給与やボーナスのための成績表?と思ってる人が多いのでは?

会社で人事制度について説明も受けてるはずですが、わかったようなわからないような、と思ってる人も多いですよね。

聞いた事ある言葉なので、わかったつもりになってる言葉でもあります。

人事考課について、整理して概要を理解した方がいいですよ。

人事考課の考え方

ほとんどの会社で、人事制度の一環として人事考課が行われています。

零細企業の場合は社長が鉛筆なめて成績つけるところもあるかもしれませんが、考え方は同じです。

人事考課とは、社員一人一人の日常の職務行動を通して、各人の成果や顕在能力、取り組み姿勢などを評価して、人事制度のなかで活かす仕組み

各人の能力開発と公正な処遇を実現するのが目的であって、序列を付けたり賃金に差をつけるのが目的ではありません。

人事制度では、育成、配置、処遇、賃金などが連動しているのです。

とはいっても、能力開発は別にして、昇格や賃金は気になるもの。

多くの会社は人事考課制度の特色によって「こうあってほしい」という方向性を打ち出しているものです。

人事考課の仕組み

基本的な人事考課制度では、能力考課・情意考課・成績考課の3方向から考課されます。

成績考課とは、考課対象期間における成績です。最近では目標に対する達成度だったりすることもあります。

情意考課とは、取り組み姿勢や態度、意欲などについての考課です。

能力考課とは、顕在能力を考課します。

まとめると、能力考課(原因)→情意考課(プロセス)→成績考課(結果)というイメージです。

新入社員などでは、情意考課のウエイトが高くなります。

役職が上がると、成績考課のウエイトが高くなります。

これは、新人は一所懸命にやることが強く求められているということ。

逆に、役職が上がってくると、一所懸命にやってるだけでは評価されず、結果が求められるのです。

しかし、この仕組みのベースはまだまだ年功序列的な部分が見えます。

もっとドライに割り切って、結果が全てという会社もあるかもしれませんが、それはまだまだ少数派でしょう。

成績が良くても、職場の雰囲気を乱して全体の足を引っ張っては評価されません。

成績は今一歩でも、全体のために貢献できれば評価されるかもしれません。いや、本来は評価されるべきですね。

なお、人事考課は絶対評価。相対評価ではありません。

能力が皆高ければ、会社の成績も良くなるはずですから皆を高評価できるということです。

社内で競うより社外と競えということですね。

育成に結びつけるという面からも、最近では結果も開示され、目標などについても会社とすり合わせる為の面接が年数回行われることが多いはず。

面接の機会がある人は、聴くだけでなく、しっかり話すことも大切です。

そういう仕組み

ちなみに、人事考課はされる方も大変ですが、する方も大変です。

中小企業には、これがイヤで管理職になりたくない人もいます。

最近では、若い人は出世意欲が少ない人が多いと言われます。

それもありの社会になっているのも事実ですが、成果を出す、その為に能力を上げる、ちゃんと取り組む、ということは会社から求められます。

そういう仕組み、それが人事制度。

社畜???

そういうの社畜という呼び方もネットなどではあるようですが、ちょっと大げさですよね。

白か黒か、という狭い考え的な呼称と感じます。

そもそも労働時間は(一般的には)どんどん短くなってきています。

エコノミックアニマルどこいった?という感じです。

アメリカのエリート層は猛烈に働くとのこと。(聞いた話ですが)

社畜がダメならフリーランスか?

フリーランスにはフリーランスの大変さもあるはず。

昔は、サラリーマンは気楽な稼業と言われた時代もありました。

モーレツな時代、24時間働けますか?という時代もありました。

働き方は選べばいいのではないでしょうかね?

選ぶことのできる時代ですから。

最近では副業解禁を政府が促していますしね。

気楽に勤めたい、となると会社にぶら下がる?、、、これはもしかしたら通じなくなるかもしれません。

ある意味厳しい時代ですからね。

気楽に過ごして、生活レベルは高いまま、というのは難しいですよね。

いずれにしろ、スキルを高めることは必須ですね。


仕事は具体化、学びは抽象化前のページ

複業(副業)でパラレルワーカーのススメ次のページ

関連記事

  1. bisiness

    残りの時間は減っている、しないことを見極めて時間を活かそう

    平等でないものもある福山雅治さんや、石橋杏奈ちゃんのような、いわゆ…

  2. bisiness

    成人・新社会人の皆さんに贈る!「何事も人の為ならず」

    成人とは、精神的にも肉体的にも成熟した人のことと定義されているようです…

  3. bisiness

    新卒新入社員はこれができればOK

    「当たり前のこと」ができている人は会社の中でも少数です。当たり前の…

  4. bisiness

    師走、一年を振り返り、今を確認し、先を見直せ!

    12月、師走ですね。師も走るくらい忙(せわ)しない時期です。危…

  5. bisiness

    「どの道を行く?」よりも「どこに行く?」 #働く #就活

    会社勤めなんか、何でするのかわからない!と主張している有名人は最近結構…

  6. bisiness

    先生も、教科書も、上司も、専門家も、正しいとは限らない

    歴史の教科書には、過去こんな事があったと書いてあります。そこにはそ…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

    PAGE TOP