bisiness

「ちゃんとやってる人」が報われてほしい!


ちゃんとやってる人がてっぺんに行ってほしい」

「野球の練習なんて嫌だと思った事がない

野球の大谷昇平選手がテレビで言ってました。

若者ですけどすごい事言ってますね!

ちゃんとやってる人がてっぺんに行ってほしい

「ちゃんとやってる人がてっぺんに行ってほしい」と大谷君は言っています。

頑張った人に結果が出てほしい。

正しい努力は報われてほしい。

正義は勝ってほしい。

そんな言葉に聞こえます。

そうあってこそが持てますよね。

プロ野球選手は夢を与える存在。

であれば、大谷選手の言ってる事は気持ち良い正論だと感じます。

野球の練習なんて嫌だと思った事がない

「野球の練習なんて嫌だと思った事がない」と大谷君は言っています。

野球が好きだ。

仕事が好きだ。

好きな事を仕事にしたら良い。

仕事ってやりがいのあることなんだ!と聞こえます。

仕事嫌いの多くの人に迎合する「働き方改革」という名の人気取りとは違いますね。

もう大谷選手に総理大臣になってほしいくらいです(^_^;

何歳が言ってるかより、何を言ってるかということですね。

仕事にやりがいを見出し、ちゃんとやってる人に成功してほしい!

そういう社会であってほしい!

まさに夢ですね。

大谷君、参りましたm(_ _)m ありがとうございます!

年齢じゃない

若くても、大谷選手みたいな人はいるんです。

ほとんどの大谷君より年長の人たち、、、これだけの事が言えるでしょうか?

年齢じゃないんですよね。

一方で、日馬富士関の暴行問題。

日馬富士関がやった事は悪い事で、そのことに対する処罰は受けるべきです。

日馬富士関は自ら引退して、刑事罰も受けるかもしれませんから置いておくとして、、、

日本相撲協会は、結構いい年の方やそれなりの立場(元偉い検事、生け花の偉い家元?)の方達が揃っていながら、まるでゲーセンター入り浸りの中学生みたいな、最近の事を忘れてしまうわたくしのような対応、、、残念です。

まさに日本の弱点が表出している部分なんじゃないですかね。

都合よく儒教を持ち出して「年長者」を主張しても既に通用しない時代なんです。

先生も、教科書も、上司も、専門家も、正しいとは限らない

年長者を敬えという教えは誤解を生む

生け花の家元的な元副議長の現議長も、元検事さんも、相撲関係の記者クラブ所属の穏やかそうな方達も、相撲協会の部外者じゃないっていうより、完全に中の人。

こうなったら評議員か理事に大谷君どうですか?

真面目な話、評議員にも少し若い人を入れてはどうですか?

名誉職的組織では改革なんて夢のまた夢です。

年齢じゃないな

肝心な事が見えるのは、年齢に関係ないということですね。

どれだけ深く強く夢を追っているのか(=パッション)ということなのではないでしょうか。

若者の中にも、立派な人はいます。

そういう若者を応援するおじさんおばさんが増える事を願います^^


関連記事

  1. bisiness

    きっと〜だろう、という思い込み

    さっしーです。「きっと俺のことがうざいんだ。」「きっとわざと邪…

  2. bisiness

    能力不足の社員より有能なフリーランスが求められる時代

    フリーランスは将来不安?フリーランスは将来不安?サラリーマンな…

  3. bisiness

    記録・ノート方法について試行錯誤中

    なにごとも記録しておくというのは大切な事ですが、実行している人は少ない…

  4. 日記

    カレーライスと大和言葉

    カレーライス、好きですか?日本のカレーカレーライス、ほとんどの…

  5. bisiness

    stay hungry,stay foolish  

    2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行…

  6. bisiness

    長時間はイヤ?

    さっしーです。就活世代15名に下記のようなアンケートをとったそうで…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP