bisiness

【無知の知】まず、知らないという事を知っとこう!


そんなこと知ってるよ」「俺はわかってる」と思ったら学べなくなってしまいます。

初心者は知ってるはずの事でも確認します。

確認」と書いて「しょしん」と読みます。

学校では×ですが、社会では◎です (^-^)

無知の知

自分が知らないという事を知らない、、、「無知である事への無知」

かっこわるいです。

 

知っている・わかってると思うと学びにくくなってしまいます。

自分は何を知らないのか?を知っていることが重要です。

無知の知

自分が知っている事はたかがしれている、、、

そういう意識があれば、知ってると思ってる事でも「あれっ」と感じる事が出来ます。

 

知っていると思っている事、知識もどきは先入観にもつながります。

これが最大の問題です。

そんなの無理」という判断につながってしまうものです。

「なんとかしてできないか」「だったらこうしてみよう」という姿勢は、自分には知らない事がいっぱいあるという思いが引っ張り出してくれるものです!

偶然

スキージャンプで今では常識となっている開脚スタイルは偶然の失敗から生まれたものだそうです。

失敗ジャンプをした選手が開脚した格好になってなんとか耐えてたら、思ったより距離が延びたんだとか。

そこから研究して、今の開脚スタイルになっているのです。

これは偶然が知識の盲点を突いたという事。

常識定石であっても正しいとは限りません。

 

20世紀最大の発見とされるペニシリンは、休暇から帰ってきたら培養中のブドウ球菌が青カビによって生育阻止されていた事から発見されたもの。

偶然に起こった事に対して「あれっ」という閃きがあったのでしょう。

 

三菱をつくった岩崎弥太郎さんは、半年間の獄中生活でたまたま同じ牢の中にいた泥棒からそろばんを教えてもらって習得したそうです。それが将来の三菱につながったのはいうまでもありません。

 

偶然とは、思いがけない、予期できない事が起きる事です。

それは何かを示唆するものかもしれませんよ!

世の中に偶然はない!全て必然!

そこには何かの意味があるということなのかもしれません。

まぁ、いわゆる「偶然」をこれは神様からのギフトだと思って楽しむ・感謝する気持ちが大切ですよね。

まとめ

知識は活かしてこそ意味があります。

知っている事に価値があるのではありません。

インプットしつつ、いろんな事実と照らし合わせてみることで、知識と知識が頭の中で結びついたり化学反応を起こし、1+1が4にも5にもなるもの。

「俺は知っている」と思う事は自分に枠をつくる事です。

それはそれ以上になれないという限界です。

 

自分は何を知らないのか?自分には知らない事がたくさんある、自分が知ってると思ってる事だけど、、、というような姿勢を忘れたくないものですね。

知らない事は恥ではない、聞かない事が恥なのだ、、、

無知の恥」ではなく「無知の知」でありたいものです。


やるべき事は結構単純=シンプル前のページ

理想の●●を妄想してみた次のページ

関連記事

  1. 就活

    就活ノウハウを超えろ

    志望動機はこう書け。エントリーシートの書き方。選考突破のポイント。…

  2. bisiness

    神対応で長時間労働?んなこたぁない

    働き方改革の標的である長時間労働の処方箋として「神対応を見直せ」という…

  3. bisiness

    朝は眠いけど、「いい日」にしよう!

    朝は眠いですよね。「あー、もう朝か」って。わたしも若い頃は特に…

  4. bisiness

    真面目じゃダメ?不真面目なら良い?

    最近は真面目を否定して不真面目を推奨する本なども出ていますし、推奨され…

  5. bisiness

    無理難題を超えていこう

    仕事をしていたら無理難題を言われることはあります。まぁ仕事以外でも…

  6. bisiness

    「アキラとあきら」は今すぐ読んで!超オススメ!!

    さっしーです。池井戸潤さんの新しい小説「アキラとあきら」読みました…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP