bisiness

ドッジボールとキャッチボール  


昔やったことありますよね、ドッジボール。

 

ドッジボールは相手にボールをぶつけるスポーツ。

小学校の時などはしょっちゅうやってました。

 

 

ところで、あなたの会話、ドッジボール型になってませんか?

 

言葉を受け取れないように投げてつけて、勝ちを目指すのがドッジボール型会話。

会話はキャッチボール型にしたいものです。

 

よくあるのが、「どうしてこんなことした?」「なんでこうなってる?」などの責(攻)める言葉。

 

相手が答えると、「言い訳するな」って、、、

相手は答えろと言われたから返答したまで。

飛んで来たボールをよけるのに、飛んだりからだをくねらせたりしたようなものです。

理不尽ですね。

 

 

うまくいかなかった後で、「言ったじゃーん」などと言っても解決しません。

そんなこと言う人の目的は「相手を打ち負かすこと」によって責任転嫁すること。

もちろん気持ちもわかりますし、ケースバイケースですが。

 

会話、コミュニケーションについてよく言われることは、

 

「論理を語るのではなく、心理に語りかけろ」

 

「何を語るかではなく、誰が語るか」

 

「何を伝える?どうやって伝える?」

 

人は心が動かないと本気で行動しませんよね。

あの人の言うことは聞きたくないと思われては、コミュニケーションもとれなくなります。

もちろん伝えたいことが明確でないと何も伝わりませんし、走り書きのメモだと大事なこととは思いにくいです。

 

相手の取りやすいところにキャッチしやすい言葉を投げて、投げ返してもらって、また投げて、、、

こういう会話のなかでこそ、信頼関係が構築されつつ心に届くのではないでしょうか。

 

キャッチボール型の会話を心掛けたいものです。


関連記事

  1. bisiness

    残りの時間は減っている、しないことを見極めて時間を活かそう

    平等でないものもある福山雅治さんや、石橋杏奈ちゃんのような、いわゆ…

  2. bisiness

    社内(仲間内)での評価と社外(仲間外)からの評価

    さっしーです。外面(そとづら)がいい、と家では言われております(^…

  3. bisiness

    正しい努力をしていますか?

    「努力」、日本人の大好きな言葉です。わたしも好きです。でも強要…

  4. bisiness

    時間の浪費はもうやめる!ストレングス・ファインダー2.0をやってみた

    さっしーです。あなたは、どんな上司や同僚があなたの仕事や成長をじゃ…

  5. bisiness

    自分は何に情熱を持ち続けられそうか?が見えてくるかもよ

    もはや会社で働くということがあたりまえではない時代に変わりつつあります…

  6. bisiness

    月100時間の残業は過酷か?

    残業時間の制限が厳しくなります。繁忙期で月100時間まで。これ…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP