bisiness

コミュニケーションには、ドッジボールとキャッチボールがある


昔やったことありますよね、ドッジボール。

 

ドッジボールは相手にボールをぶつけるスポーツ。

小学校の時などはしょっちゅうやってました。

 

 

ところで、あなたの会話、ドッジボール型になってませんか?

 

言葉を受け取れないように投げてつけて、勝ちを目指すのがドッジボール型会話。

会話はキャッチボール型にしたいものです。

 

よくあるのが、「どうしてこんなことした?」「なんでこうなってる?」などの責(攻)める言葉。

 

相手が答えると、「言い訳するな」って、、、

相手は答えろと言われたから返答したまで。

飛んで来たボールをよけるのに、飛んだりからだをくねらせたりしたようなものです。

理不尽ですね。

 

 

うまくいかなかった後で、「言ったじゃーん」などと言っても解決しません。

そんなこと言う人の目的は「相手を打ち負かすこと」によって責任転嫁すること。

もちろん気持ちもわかりますし、ケースバイケースですが。

 

会話、コミュニケーションについてよく言われることは、

 

「論理を語るのではなく、心理に語りかけろ」

 

「何を語るかではなく、誰が語るか」

 

「何を伝える?どうやって伝える?」

 

人は心が動かないと本気で行動しませんよね。

あの人の言うことは聞きたくないと思われては、コミュニケーションもとれなくなります。

もちろん伝えたいことが明確でないと何も伝わりませんし、走り書きのメモだと大事なこととは思いにくいです。

 

相手の取りやすいところにキャッチしやすい言葉を投げて、投げ返してもらって、また投げて、、、

こういう会話のなかでこそ、信頼関係が構築されつつ心に届くのではないでしょうか。

 

キャッチボール型の会話を心掛けたいものです。


関連記事

  1. bisiness

    持ってないということは強みになることがある

    さっしーです。30年以上前、免許を取ってすぐの頃、「なんでもいいか…

  2. bisiness

    「ありがとう」はコミュニケーションの基本

    コミュニケーションについてはいろいろ書かれていますし本もいっぱいでてま…

  3. bisiness

    「妙にやる気のある若手は苦手なんです」かぁ?

    「妙にやる気のある若手は苦手なんです」っていうCM、けっこうやりますね…

  4. bisiness

    同一労働に何が起きているのか

    さっしーです。働き方改革の柱、同一労働同一賃金。同じ仕事に従事…

  5. bisiness

    たくさん降ってきても、一つ一つ、一歩一歩、で光は見えるゾォ

    いろんな問題、課題が降ってくることってありますよね。なんで同じタイ…

  6. bisiness

    残りの時間は減っている、しないことを見極めて時間を活かそう

    平等でないものもある福山雅治さんや、石橋杏奈ちゃんのような、いわゆ…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP