bisiness

コミュニケーションには、ドッジボールとキャッチボールがある


昔やったことありますよね、ドッジボール。

 

ドッジボールは相手にボールをぶつけるスポーツ。

小学校の時などはしょっちゅうやってました。

 

 

ところで、あなたの会話、ドッジボール型になってませんか?

 

言葉を受け取れないように投げてつけて、勝ちを目指すのがドッジボール型会話。

会話はキャッチボール型にしたいものです。

 

よくあるのが、「どうしてこんなことした?」「なんでこうなってる?」などの責(攻)める言葉。

 

相手が答えると、「言い訳するな」って、、、

相手は答えろと言われたから返答したまで。

飛んで来たボールをよけるのに、飛んだりからだをくねらせたりしたようなものです。

理不尽ですね。

 

 

うまくいかなかった後で、「言ったじゃーん」などと言っても解決しません。

そんなこと言う人の目的は「相手を打ち負かすこと」によって責任転嫁すること。

もちろん気持ちもわかりますし、ケースバイケースですが。

 

会話、コミュニケーションについてよく言われることは、

 

「論理を語るのではなく、心理に語りかけろ」

 

「何を語るかではなく、誰が語るか」

 

「何を伝える?どうやって伝える?」

 

人は心が動かないと本気で行動しませんよね。

あの人の言うことは聞きたくないと思われては、コミュニケーションもとれなくなります。

もちろん伝えたいことが明確でないと何も伝わりませんし、走り書きのメモだと大事なこととは思いにくいです。

 

相手の取りやすいところにキャッチしやすい言葉を投げて、投げ返してもらって、また投げて、、、

こういう会話のなかでこそ、信頼関係が構築されつつ心に届くのではないでしょうか。

 

キャッチボール型の会話を心掛けたいものです。


貴重な時間を無駄に捨てていませんか?前のページ

ヘッドハンティングと転職登録は違う次のページ

関連記事

  1. bisiness

    仕事のトラブルは乗り越えて物語にするとスッキリするかも

    さっしーです。仕事をしてればうまくいかないことやトラブルは日常茶飯…

  2. bisiness

    正しい努力をしていますか?

    「努力」、日本人の大好きな言葉です。わたしも好きです。でも強要…

  3. bisiness

    成人・新社会人の皆さんに贈る!「何事も人の為ならず」

    成人とは、精神的にも肉体的にも成熟した人のことと定義されているようです…

  4. bisiness

    stay hungry,stay foolish  

    2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行…

  5. bisiness

    平成から令和へ、今ここ

    平成から令和へ。ここのところテレビなどでは盛んに平成を振り返ってい…

  6. bisiness

    「どの道を行く?」よりも「どこに行く?」 #働く #就活

    会社勤めなんか、何でするのかわからない!と主張している有名人は最近結構…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP