bisiness

心の震える瞬間  


ビルは空高くなったが 

人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 

視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 

得る物は少なく

たくさん物を買っているが 

楽しみは少なくなっている

たくさん物を買っているが 

楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 

家庭は小さくなり

より便利になったが 

時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 

センスはなく

知識は増えたが 

決断することは少ない

専門家は大勢いるが 

問題は増えている

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

人生はどれだけ

呼吸をし続けるかで

決まるのではない

どれだけ

心のふるえる瞬間があるかだ

 

ジョージ・カーリンの詩です。

 

まだまだ長いのでググってみてください。

 

読んでると、確かにそうだよな、、、俺、何してるのかな?とボォーッとしてしまいます。

 

より良くしようとしていても、大切なことを忘れては意味がありません

 

あそこに行きたいと自転車を一生懸命漕いでるうちに、自転車を漕ぐのが目的化して、違う道をただひたすら漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ、、、

ハッと気付いたら、知らない場所で疲れ果てていた、という光景が目に浮かびました。

 

手段が目的化してしまい、本来の目的を忘れているようです。

 

働くということにも同じ傾向があるような気がします。

朝早くから夜遅くまで、毎日くたくたになるほど働き、休みの日は休むことで精一杯。

家族とは顔をあわせる時間もなく、当然会話もない。

 

これではお金があっても目指していた姿なのか?と疑問を感じてしまいますね。

 

まちがって欲しくないのですが、会社に勤めてても本来の目的は追いかけられます。

会社に入らなくても、本来の目的は目指せます。

それを自分の中にしっかり持つことが大切です。

 

心の震える瞬間をたくさん経験したいものです。


ヘッドハンティングと転職登録は違う前のページ

「てんびんの詩」は商売の基本を教えてくれる次のページ

関連記事

  1. bisiness

    ダイエット作戦てこ入れの古典的手法

    さっしーです。ダイエットに取り組んで既に一年、なかなか安定しません…

  2. 日記

    年長者を敬えという教えは誤解を生む

    さっしーです。日本というか、世界的にもそうなんでしょうし、儒教の影…

  3. bisiness

    noteで新社会人・就活生向けnote公開!

    まだまだnoteって使いこなせてないんですが、作ってみました。1.…

  4. bisiness

    神対応で長時間労働?んなこたぁない

    働き方改革の標的である長時間労働の処方箋として「神対応を見直せ」という…

  5. bisiness

    「できなかったらどうしよう」より「できたらどうしよう」と

    「できなかったらどうしよう?」 誰でも経験がありますよね。…

  6. bisiness

    これがわたしのセールスポイント!

    必殺技・得意技ジャイアント馬場さんなら16文キック!力道山さん…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

    PAGE TOP