bisiness

心の震える瞬間  


ビルは空高くなったが 

人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 

視野は狭くなり

お金を使ってはいるが 

得る物は少なく

たくさん物を買っているが 

楽しみは少なくなっている

たくさん物を買っているが 

楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 

家庭は小さくなり

より便利になったが 

時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 

センスはなく

知識は増えたが 

決断することは少ない

専門家は大勢いるが 

問題は増えている

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

人生はどれだけ

呼吸をし続けるかで

決まるのではない

どれだけ

心のふるえる瞬間があるかだ

 

ジョージ・カーリンの詩です。

 

まだまだ長いのでググってみてください。

 

読んでると、確かにそうだよな、、、俺、何してるのかな?とボォーッとしてしまいます。

 

より良くしようとしていても、大切なことを忘れては意味がありません

 

あそこに行きたいと自転車を一生懸命漕いでるうちに、自転車を漕ぐのが目的化して、違う道をただひたすら漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ、、、

ハッと気付いたら、知らない場所で疲れ果てていた、という光景が目に浮かびました。

 

手段が目的化してしまい、本来の目的を忘れているようです。

 

働くということにも同じ傾向があるような気がします。

朝早くから夜遅くまで、毎日くたくたになるほど働き、休みの日は休むことで精一杯。

家族とは顔をあわせる時間もなく、当然会話もない。

 

これではお金があっても目指していた姿なのか?と疑問を感じてしまいますね。

 

まちがって欲しくないのですが、会社に勤めてても本来の目的は追いかけられます。

会社に入らなくても、本来の目的は目指せます。

それを自分の中にしっかり持つことが大切です。

 

心の震える瞬間をたくさん経験したいものです。


関連記事

  1. bisiness

    思うようにならないからこそ(真の)「がまん」で  

    なかなか思うようにいかないのが人生。あの徳川家康だってこんな事…

  2. bisiness

    数撃ちゃ当たる!?ということではないけれど

    さっしーです。偉人でもシェイクスピアって知ってるでしょう?…

  3. 日記

    特別な仕事に

    さっしーです。大切な人を無くした悲しさ、つらさ、喪失感そんな時…

  4. bisiness

    「ありがとう」はコミュニケーションの基本

    コミュニケーションについてはいろいろ書かれていますし本もいっぱいでてま…

  5. bisiness

    自分は何に情熱を持ち続けられそうか?が見えてくるかもよ

    もはや会社で働くということがあたりまえではない時代に変わりつつあります…

  6. bisiness

    まず一歩、そこから始まる  

    友人のAさんは高校テニス部のエース。すごく上手で、全国大会にも出る選手…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP