bisiness

「てんびんの詩」は商売の基本を教えてくれる


『てんびんの詩(うた)』というお話をご存知ですか?

 

近江商人の子供が商いの大事なことに気付いていく物語です。

企業の営業研修などでも使われていましたが、今はどうでしょう?

 

私が初めて視たのは社会人2年目の営業になる時の研修だったと思います。

 

その後、研修担当時には使いました。

研修で視ると、3分の1くらいの人が涙を、、、内緒ですがわたしも少しウルッと、、、

 

大きな商家の小さな息子が、跡継ぎになるために仕方なく鍋ぶたを売り歩くことに。

いざ売り込んでみても、見向きもされず、なかなか売れず、、、当たり前です。

そんなある日、、、、、

 

どうにか探して視聴されることをおすすめします。

 

近江商人といえば、商売の心得で有名なものに、『売り手良し、買い手良し、世間良し』のいわゆる『三方良し』が有名です。

(三方一両損、は違いますよ。これは江戸の名奉行大岡越前守の名裁きとして有名ですね。)

 

売り手の都合だけで商売をするのではなく、買い手が満足し、地域社会に貢献できるという商売をしなければならない、という精神を表すものが『三方良し』です。

他にも『始末してきばる』『陰徳善事』などもあります。(興味があればググってください)

 

近江の国は今の滋賀県、市場としては大きくありません。

そんな中、近江商人は天秤棒を担いで全国に行商に行き成功を収めます。

厳しい環境の中で知恵をしぼり成功を収めたことで日本三大商人の一つに数えられるようになりました。

ユダヤ人も、故郷を追われて外地で成功しているという意味で同じですね。

 

厳しい環境が創意工夫や知恵を生み、商人を育てるということですか。

 

カンタンにはいきませんなぁ。


心の震える瞬間  前のページ

お疲れッス!そおっすね、いいっすよ、っすか、、、次のページ

関連記事

  1. bisiness

    感情的な口論はムダに疲れるから

    さっしーです。日本人的には、、、昔、ああ言えばこう言うをもじっ…

  2. bisiness

    新しい環境で良い人間関係を築く3つのポイント

    新しい環境での最大の心配事は人間関係入社、入学、転勤、クラス替え、…

  3. bisiness

    平成30年7月豪雨と非常時の仕事

    いやぁすごい雨でした。平成30年7月豪雨と命名されたようです。…

  4. bisiness

    ピンチ・修羅場の先には

    スポーツからスポーツの大きな大会では、マスコミが各選手の背景にある…

  5. bisiness

    月100時間の残業は過酷か?

    残業時間の制限が厳しくなります。繁忙期で月100時間まで。これ…

  6. bisiness

    中間管理職は中心管理職

    さっしーです。中間管理職はつらいもの。上からはうるさく言われ、…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP