bisiness

バルセロナMFイニエスタ選手のコメントから  


「悪い一日、悪い夜を過ごした後にも、起き上がらなくてはいけない」

 

欧州CLPSGに40の大敗を喫したバルセロナMFイニエスタのコメントです。

試合結果は結構衝撃的でしたよね。

まぁバルサでもこういうことはあります。

みんな人間ですし、PSGも強いチームですから。

 

イニエスタは大好きな選手。

このコメントも「プロ」という感じですね。

 

ビジネスの現場でも、日常の生活においても、悪い日は必ずあります。

 

しかし「悪い」というのは自分が決めること。

 

渡辺和子さんがどこかに書いておられました。

 

「月ゆがむにあらず 水ゆがむなり」

 

これは、水面に映る月を見るとユラユラとゆがんで見えることがあります。

それは月がゆがんでいるのではなくて、見る人の心がゆがんでいるということ。

水面は自分の心。

 

教えとしては、相手(月)が悪いのではなく、自分の心(水面)が揺れていたのではないか(=自分に悪いところがあったのではないか)、ということですが、違う角度から考えると、自分が悪く映しただけで悪くない事なのでは?とも。

 

 

NLP(神経言語プログラミング)というのをご存知でしょうか?

このなかに、リフレーミングとかフレーム・チェンジというのがあります。

 

我々が物事を受け取る時、各々がそれぞれのフレームを通している。

良い悪いというのもフレームをずらしたり変えたりすれば捉え方を変えられる、というようなことです。

 

たとえば、同じ15分を、「あと15分しかない」という捉え方から「まだ15分もある」という捉え方への変更。

 

フレーム(捉え方)を変える事によって行います。

 

生きていると良いこともあれば悪いこともあります。

 

たとえ悪いことがあっても、皆立ち上がって進まなければいけません。

 

起こってしまったことは変えられませんが、その事実の捉え方は自分で変更可能

 

前向きに捉えた方が、行動も前向きに。

 

前向きな行動は好結果の確率アップ!です。

 

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来!ですね。


関連記事

  1. bisiness

    究極の論理は感情

    攻撃したいのか?説得したいのか?打ち負かしたいのか?合意したいのか…

  2. bisiness

    染まることは成長したということじゃない!

    さっしーです。新入社員の皆さんも少し落ち着いてきた頃ではないでしょ…

  3. bisiness

    続ノート方法〜記録ノート以上のシンキングツールに!

    びっくりです。ノートについて考えて、発信してみたら、逆にいろんな事…

  4. bisiness

    朝は眠いけど、「いい日」にしよう!

    朝は眠いですよね。「あー、もう朝か」って。わたしも若い頃は特に…

  5. bisiness

    気になる、勤務地・担当職務・職場の人間関係

    会社に入って働くにあたっての心配点はいくつかあります。「上司やまわ…

  6. bisiness

    ストーリーが心を動かす

    心を動かされる物語があります。先日、オグリキャップのことをテレビで…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP