bisiness

採用面接でも聴く!  


社内での会話や社外との商談から、家庭や友達との何気ない会話でも「聴く姿勢」は大切です。

さらに、「聴く姿勢」は採用面接や会社の上司との面接などでも重要です。

自分が話すより、自然に相手の話を引き出せればうまくいく確率が高いのです。

 

聴く姿勢の基本は、うなづき方やあいづち、目線などですね。

インタビューしてるキャスターなどを観て真似てみるといいですね。

自然なうなづき、目線は相手の鼻辺り、身体の向きや動き、メモ、あいづちや合いの手、などです。

 

話を聴いて「相手の人を主人公にした物語」を書くための取材というイメージで。

過去の失敗や挫折、そこからの苦労や努力、乗り越えてきた現在、という物語が書けるように取材してみるとバッチリです。

 

そうやって話を聴いていくと、相手は話しながら頭の中が整理されて、時々名言っぽいキーワードが出てくることもあります。

そんな時は、言った本人もスカッとしているもの。見逃さずに食いつきたいですね。

 

また、自分との共通項をみつけて話を膨らませると「仲間意識」が生まれて親近感が生まれます。

 

採用面接などでも、自分のアピールポイントを力説するより、相手の会社や業界、創業者やキーマンをしっかり下調べしてから取材するつもりで。

もちろん、本人の入社したいという強い想いが最も大切ですが。

 

自分のことを話すとしたら、順番は「現在」→「過去」→「未来」

できるだけ抽象的な考えを話したあとには具体的なエピソードを入れるといいです。

この場合も、今は●●、過去には▲▲なことがあったけどなんとか乗り越えたこと。そしていつか◆◆しようと頑張っている様子、、、という流れがいいのではないでしょうか。

 

採用面接などでもそうですが、何か意見を求められることがあります。

その場合は、まず意見を言った後、「なぜなら~~~」と、その根拠を必ず説明しましょう。

 

これらのことを必要な時だけやることは難しいですから、普段の生活で訓練しておくことが大切です。


関連記事

  1. bisiness

    何をしていいのかわからない。自分には何が出来るだろう?  

    何をしていいのかわからない。自分には何が出来るだろう。 自信がない時、…

  2. bisiness

    自慢話も聴いてあげてください

    さっしーです。「俺が若い頃には、、、、、」という先輩の自慢、聞いた…

  3. bisiness

    20世紀の価値観ごり押しは、(20世紀)なしで、、、

    さっしーです。先日何気なく音声が聞こえて興味深かったのでみましたが…

  4. bisiness

    頭の中はファンレス!勇気を持って休憩しよう!!

    さっしーです。水の入った小さなコップ、重さどれくらいありますかね?…

  5. bisiness

    有給休暇を活かせ

    さっしーです。「有給休暇(年次有給休暇)」ってありますよね。い…

  6. bisiness

    ジャパネットたかた創業者、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読んで  

    ジャパネットたかたの創業者で前社長、あの高田明さんの『伝えることから始…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP