bisiness

採用面接でも聴く!  


社内での会話や社外との商談から、家庭や友達との何気ない会話でも「聴く姿勢」は大切です。

さらに、「聴く姿勢」は採用面接や会社の上司との面接などでも重要です。

自分が話すより、自然に相手の話を引き出せればうまくいく確率が高いのです。

 

聴く姿勢の基本は、うなづき方やあいづち、目線などですね。

インタビューしてるキャスターなどを観て真似てみるといいですね。

自然なうなづき、目線は相手の鼻辺り、身体の向きや動き、メモ、あいづちや合いの手、などです。

 

話を聴いて「相手の人を主人公にした物語」を書くための取材というイメージで。

過去の失敗や挫折、そこからの苦労や努力、乗り越えてきた現在、という物語が書けるように取材してみるとバッチリです。

 

そうやって話を聴いていくと、相手は話しながら頭の中が整理されて、時々名言っぽいキーワードが出てくることもあります。

そんな時は、言った本人もスカッとしているもの。見逃さずに食いつきたいですね。

 

また、自分との共通項をみつけて話を膨らませると「仲間意識」が生まれて親近感が生まれます。

 

採用面接などでも、自分のアピールポイントを力説するより、相手の会社や業界、創業者やキーマンをしっかり下調べしてから取材するつもりで。

もちろん、本人の入社したいという強い想いが最も大切ですが。

 

自分のことを話すとしたら、順番は「現在」→「過去」→「未来」

できるだけ抽象的な考えを話したあとには具体的なエピソードを入れるといいです。

この場合も、今は●●、過去には▲▲なことがあったけどなんとか乗り越えたこと。そしていつか◆◆しようと頑張っている様子、、、という流れがいいのではないでしょうか。

 

採用面接などでもそうですが、何か意見を求められることがあります。

その場合は、まず意見を言った後、「なぜなら~~~」と、その根拠を必ず説明しましょう。

 

これらのことを必要な時だけやることは難しいですから、普段の生活で訓練しておくことが大切です。


関連記事

  1. bisiness

    やっぱりワクワクするような計画が好き

    さっしーです。これからやることについていろいろと考えてる時間、そう…

  2. bisiness

    新入社員の32%が3年で辞めるけど、次は大丈夫?

    さっしーです。2016年の厚生労働省の調査によると、32.3%の大…

  3. bisiness

    「多動力」を読んで多動しなくちゃ

    さっしーです。ホリエモンこと堀江貴文さん。(特に年齢が高い方た…

  4. bisiness

    スケアード・ストレイトって人に使っていいのか?  

    運転免許の講習で事故を再現したビデオを見たことありますよね。これは、交…

  5. bisiness

    どうせやるなら「前向き」に!

    さっしーです。宿題、食後の片付け、トイレ掃除、アイロン、長距離走、…

  6. bisiness

    手段の時代から成果の時代へ、カーシェアリングは使える!

    さっしーです。あなたは自動車持ってますか?こっちの方が良いじゃ…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP