bisiness

どうやってビックリさせよう、と考えながらやると楽しくなる  


「おいっ!●●やっといてくれっ!」

「はい」

 

会社でも学校でも、新人の頃にはよくある会話です。

 

やったあとに「ありがとう!早いな」とでも添えてくれればいいのですが、あたりまえ感いっぱいではそのうちいやになってきますよね。

 

イヤな顔しても効果はありませんし、逆効果もあり得ます。

頼んだ人も「面倒くさいこと」とわかって言ってるんですから。

面倒くさいことやらされたうえに、評価を下げるとなると踏んだり蹴ったりです。

 

他人は変えられませんから、自分が変わるしかありません。

 

どうする?

 

どうやって期待を越えてやろうか!と考えてみるのです。

 

渡辺和子さんが書いておられます。

「この世に雑用と言う名の用はありません。 用を雑に行った時に雑用は生まれます。

「時間の使い方が、そのまま「命の使い方」になります。」

「丁寧に時間を使うと、丁寧な人生が残ります。」

 

要するに、雑用にしてしまうと自分が損をするということですね。

大事な大事な限られた自分の時間です。

有意義な時間にしたいですよね。

 

コピーを頼まれたら、、、全力で世界一のコピーをとる!

書類をお得意先にお届けするよう言われたら、、、笑顔で挨拶して訪問する!

掃除を頼まれたら、、、使う人が気持ちよくなるよう念じながらピカピカにする!

 

どうやって期待を越えてやろう、ビックリさせよう、と考えながら取り組むことも楽しいじゃないですか!

 

皆がイヤがる仕事だからこそ、皆が雑にやる仕事だからこそ、ある意味簡単に期待を越えやすいとはずです。

 

たとえ他の人には分からなくても、喜んで、前向きに、心を込めてやることによって自分の時間が活きたものになるはずです。


関連記事

  1. bisiness

    嘘の報告で仕事を外されそうになった嘘のような実話

    お得意先に、友人が社長をつとめる会社があります。もちろんきちんとし…

  2. bisiness

    持ってないということは強みになることがある

    さっしーです。30年以上前、免許を取ってすぐの頃、「なんでもいいか…

  3. bisiness

    成人・新社会人の皆さんに贈る!「何事も人の為ならず」

    成人とは、精神的にも肉体的にも成熟した人のことと定義されているようです…

  4. bisiness

    大企業か中小企業か、『バルス』楡周平著、就活生におすすめ本

    読みたい本がいっぱいあって、仕事もあれこれあって、結局中途ハンパ、、、…

  5. bisiness

    感情的な口論はムダに疲れるから

    さっしーです。日本人的には、、、昔、ああ言えばこう言うをもじっ…

  6. bisiness

    貴重な時間を無駄に捨てていませんか?

    50歳をすぎて、これまでは考えなかったことを考えるようになってきました…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP