bisiness

どうやってビックリさせよう、と考えながらやると楽しくなる  


「おいっ!●●やっといてくれっ!」

「はい」

 

会社でも学校でも、新人の頃にはよくある会話です。

 

やったあとに「ありがとう!早いな」とでも添えてくれればいいのですが、あたりまえ感いっぱいではそのうちいやになってきますよね。

 

イヤな顔しても効果はありませんし、逆効果もあり得ます。

頼んだ人も「面倒くさいこと」とわかって言ってるんですから。

面倒くさいことやらされたうえに、評価を下げるとなると踏んだり蹴ったりです。

 

他人は変えられませんから、自分が変わるしかありません。

 

どうする?

 

どうやって期待を越えてやろうか!と考えてみるのです。

 

渡辺和子さんが書いておられます。

「この世に雑用と言う名の用はありません。 用を雑に行った時に雑用は生まれます。

「時間の使い方が、そのまま「命の使い方」になります。」

「丁寧に時間を使うと、丁寧な人生が残ります。」

 

要するに、雑用にしてしまうと自分が損をするということですね。

大事な大事な限られた自分の時間です。

有意義な時間にしたいですよね。

 

コピーを頼まれたら、、、全力で世界一のコピーをとる!

書類をお得意先にお届けするよう言われたら、、、笑顔で挨拶して訪問する!

掃除を頼まれたら、、、使う人が気持ちよくなるよう念じながらピカピカにする!

 

どうやって期待を越えてやろう、ビックリさせよう、と考えながら取り組むことも楽しいじゃないですか!

 

皆がイヤがる仕事だからこそ、皆が雑にやる仕事だからこそ、ある意味簡単に期待を越えやすいとはずです。

 

たとえ他の人には分からなくても、喜んで、前向きに、心を込めてやることによって自分の時間が活きたものになるはずです。


関連記事

  1. bisiness

    過去を活かすのも、未来を創るのも、今の行動しだい

    年齢を重ねるということは時間を過ごしてきたということ。あの時こうし…

  2. bisiness

    グローバリゼーションもIoTも進んでいくんだと感じた那覇空港での待ち時間

    さっしーです。普通、空港の手荷物検査場は1時間近くも並びませんよね…

  3. bisiness

    マニュアルでは全てに対応できない

    コンビニ、ファミレスなどでは店員さん用のマニュアルが整っています。…

  4. bisiness

    それって本当?いいかげん情報に振り回されるな!

    さっしーです。悪口、非難、かってな評価、決めつけ、一般化(いつもそ…

  5. bisiness

    先生も、教科書も、上司も、専門家も、正しいとは限らない

    歴史の教科書には、過去こんな事があったと書いてあります。そこにはそ…

  6. bisiness

    「アキラとあきら」は今すぐ読んで!超オススメ!!

    さっしーです。池井戸潤さんの新しい小説「アキラとあきら」読みました…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP