bisiness

本田宗一郎さんと藤沢武夫さん  


わたしは本田宗一郎さんと藤沢武夫さんのコンビで経営していた本田技研が大好きで、本も随分読みました。

 

たくさんの逸話が紹介されていますが、本田宗一郎さんは、工場の機械を購入しても、そのまま使ってたら怒ったそうです。

知恵を出して、自分のところで調整してもともとのスペック以上にして使うようにと。

 

そんな本田さんが欧州視察から帰国した時、ズボンのポケットにはプラスのねじ。

 

今ではどこでも目にしますが、本田宗一郎さんが欧州から持って帰ったのが日本で最初のプラスねじだそうです。

 

ホンダ社長の欧州視察前、本田技研は販売していたバイクのトラブル(今でいうリコール?)で大変だったそうですが、落ち着きかけたので藤沢さんが欧州視察に行くようすすめて行かれたようです。

 

ホンダ社長は会社のことが気になりながらも欧州に行き、タイヤやチェーンやスポークなどの部品を買ってきた上に、ズボンやコートのポケットにもいろいろ入れて帰国。その中の一つがプラスねじ(クロスねじ)。

 

従来のマイナスねじは手で締めるしかなかったそうですが、クロスねじは圧搾空気を使って機械でしめることができるということで、大きな生産性向上をもたらすものだったそうです。

 

このプラスねじ、日本の工業的発展に大きく寄与したはずですが、あまり知られていません。

 

あの時本田さんが持って帰ってなくても、いつかは日本にも紹介されてたでしょうけど、工場視察に行って、これは使えると目をつけた本田さんの眼力はさすがだと思います。もっと高校などの教科書で紹介してもいいお話しだと思うんですが。

 

本屋さんに行くと本田宗一郎さん関係の本はいっぱいあります。

たしかに読むと藤沢さんのことにも触れてあるケースが多いですが、もっと藤沢さんが出てきてもいいように感じます。

 

あの二人がお互いを活かしあってのHONDA発展ストーリーですからね。


どうやってビックリさせよう、と考えながらやると楽しくなる  前のページ

ジャパネットたかた創業者、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読んで  次のページ

関連記事

  1. bisiness

    仕事のトラブルは乗り越えて物語にするとスッキリするかも

    さっしーです。仕事をしてればうまくいかないことやトラブルは日常茶飯…

  2. bisiness

    いいアイデアを出すために、ハッ?という発想を

    さっしーです。いろんな人をみていると、ボーッと生きてる人もいますね…

  3. bisiness

    嘘の報告で仕事を外されそうになった嘘のような実話

    お得意先に、友人が社長をつとめる会社があります。もちろんきちんとし…

  4. bisiness

    本気でやれば何か身に付く

    今までの人生で、あなたは何かに本気で取り組んだことはありますか?本…

  5. bisiness

    失敗じゃないよ、うまくいかない方法を発見したんだよ 

    会社は「常に変化し続ける」ことを目指します(すべきです)が、人間は無意…

  6. bisiness

    師走、一年を振り返り、今を確認し、先を見直せ!

    12月、師走ですね。師も走るくらい忙(せわ)しない時期です。危…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

    PAGE TOP