bisiness

本田宗一郎さんと藤沢武夫さん  


わたしは本田宗一郎さんと藤沢武夫さんのコンビで経営していた本田技研が大好きで、本も随分読みました。

 

たくさんの逸話が紹介されていますが、本田宗一郎さんは、工場の機械を購入しても、そのまま使ってたら怒ったそうです。

知恵を出して、自分のところで調整してもともとのスペック以上にして使うようにと。

 

そんな本田さんが欧州視察から帰国した時、ズボンのポケットにはプラスのねじ。

 

今ではどこでも目にしますが、本田宗一郎さんが欧州から持って帰ったのが日本で最初のプラスねじだそうです。

 

ホンダ社長の欧州視察前、本田技研は販売していたバイクのトラブル(今でいうリコール?)で大変だったそうですが、落ち着きかけたので藤沢さんが欧州視察に行くようすすめて行かれたようです。

 

ホンダ社長は会社のことが気になりながらも欧州に行き、タイヤやチェーンやスポークなどの部品を買ってきた上に、ズボンやコートのポケットにもいろいろ入れて帰国。その中の一つがプラスねじ(クロスねじ)。

 

従来のマイナスねじは手で締めるしかなかったそうですが、クロスねじは圧搾空気を使って機械でしめることができるということで、大きな生産性向上をもたらすものだったそうです。

 

このプラスねじ、日本の工業的発展に大きく寄与したはずですが、あまり知られていません。

 

あの時本田さんが持って帰ってなくても、いつかは日本にも紹介されてたでしょうけど、工場視察に行って、これは使えると目をつけた本田さんの眼力はさすがだと思います。もっと高校などの教科書で紹介してもいいお話しだと思うんですが。

 

本屋さんに行くと本田宗一郎さん関係の本はいっぱいあります。

たしかに読むと藤沢さんのことにも触れてあるケースが多いですが、もっと藤沢さんが出てきてもいいように感じます。

 

あの二人がお互いを活かしあってのHONDA発展ストーリーですからね。


関連記事

  1. bisiness

    グローバリゼーションもIoTも進んでいくんだと感じた那覇空港での待ち時間

    さっしーです。普通、空港の手荷物検査場は1時間近くも並びませんよね…

  2. bisiness

    心の震える瞬間  

    ビルは空高くなったが 人の気は短くなり高速道路は広くなったが 視野は狭…

  3. bisiness

    それは失敗ではなく、うまくいかない方法の発見  

    会社は「常に変化し続ける」ことを目指します(すべきです)が、人間は無意…

  4. bisiness

    長時間はイヤ?

    さっしーです。就活世代15名に下記のようなアンケートをとったそうで…

  5. bisiness

    スケアード・ストレイトって人に使っていいのか?  

    運転免許の講習で事故を再現したビデオを見たことありますよね。これは、交…

  6. bisiness

    染まることは成長したということじゃない!

    さっしーです。新入社員の皆さんも少し落ち着いてきた頃ではないでしょ…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP