bisiness

ジャパネットたかた創業者、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読んで  


ジャパネットたかたの創業者で前社長、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読ませていただきました。

 

実際にやった人の話は面白いです。

 

社長退任からスタジオ引退までの一年間にジャパネットの社員の皆さんに伝えてきたことのエッセンスをまとめたのがこの本。

 

高校時代から、就職、そして実家のカメラ店の手伝いへ。

そこから今に至るまでその時その時の『今』をご本人が包み隠さず書いておられます。

 

「今を生きる。過去にとらわれない。未来に翻弄されない。」

本の中で一貫してお話しされている『今を一所懸命生きる」こと。

実践してこられたからこその説得力がありますし、引退後の姿勢などからもお人柄がうかがわれます。

 

TOCと「スキルとパッション」、ジョブズのプレゼンなど。わたしの視点と合うんです。

 

TOCは制約条件の理論と言って、何事にもボトルネックがあるので、そこに着目することによって全体最適が図られ効率化する、という理論です。

イスラエル人物理学者であるゴールドラット博士が「ザ・ゴール」で世界中に紹介しました。

おすすめブックにも載せています。

是非読んでみてください!

 

スキルとパッションは、わたしも成功の必要条件と思うもの。

スキルを磨く人は多いですが、成功者にはパッションがあり!です。

 

「伝える」ことと「伝わる」こと、世阿弥のお話、などなどなど目から鱗、というか、やっぱりインプットしてるんだなということがよくわかります。

 

その原動力は「今を生きること」で見えてくる『課題」

なんとか乗り越えるためのスキルを常に探す姿勢がうかがわれます。

おすすめです!是非一読を!

ジャーパネット♪ジャパネットー♬ゆめのジャパネットたかた♫、、、買ってみようかな、、、


関連記事

  1. bisiness

    事業に失敗するコツ12ケ条でチェックすると

    さっしーです。こんなの聞いた事はありませんか?…

  2. bisiness

    手段の時代から成果の時代へ、カーシェアリングは使える!

    さっしーです。あなたは自動車持ってますか?こっちの方が良いじゃ…

  3. bisiness

    就活 採用担当の目線  

    就活に一所懸命な学生さんが多い中で、実はすでに決まったという人がいると…

  4. bisiness

    当たり前のことができれば

    「当たり前のこと」ができている人は会社の中でも少数です。当たり前の…

  5. bisiness

    採用担当者は何を見ているか  

    採用担当者は何を見ているか? 大企業の場合は、まずエントリーシートの段…

  6. bisiness

    できなかったらどうしよう  

    「できなかったらどうしよう?」 誰でも経験がありますよね。 そんな気持…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP