bisiness

ジャパネットたかた創業者、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読んで  


ジャパネットたかたの創業者で前社長、あの高田明さんの『伝えることから始めよう』を読ませていただきました。

 

実際にやった人の話は面白いです。

 

社長退任からスタジオ引退までの一年間にジャパネットの社員の皆さんに伝えてきたことのエッセンスをまとめたのがこの本。

 

高校時代から、就職、そして実家のカメラ店の手伝いへ。

そこから今に至るまでその時その時の『今』をご本人が包み隠さず書いておられます。

 

「今を生きる。過去にとらわれない。未来に翻弄されない。」

本の中で一貫してお話しされている『今を一所懸命生きる」こと。

実践してこられたからこその説得力がありますし、引退後の姿勢などからもお人柄がうかがわれます。

 

TOCと「スキルとパッション」、ジョブズのプレゼンなど。わたしの視点と合うんです。

 

TOCは制約条件の理論と言って、何事にもボトルネックがあるので、そこに着目することによって全体最適が図られ効率化する、という理論です。

イスラエル人物理学者であるゴールドラット博士が「ザ・ゴール」で世界中に紹介しました。

おすすめブックにも載せています。

是非読んでみてください!

 

スキルとパッションは、わたしも成功の必要条件と思うもの。

スキルを磨く人は多いですが、成功者にはパッションがあり!です。

 

「伝える」ことと「伝わる」こと、世阿弥のお話、などなどなど目から鱗、というか、やっぱりインプットしてるんだなということがよくわかります。

 

その原動力は「今を生きること」で見えてくる『課題」

なんとか乗り越えるためのスキルを常に探す姿勢がうかがわれます。

おすすめです!是非一読を!

ジャーパネット♪ジャパネットー♬ゆめのジャパネットたかた♫、、、買ってみようかな、、、


本田宗一郎さんと藤沢武夫さん  前のページ

「俺には俺の生き方がある」(加藤締三著)を読んだなぁ  次のページ

関連記事

  1. bisiness

    具体的なことから、抽象的なノウハウを

    <今日全力で過ごせたか?>さっしーです。わたしは、「今日、全力…

  2. bisiness

    スポーツと勉強、仕事と勉強、投手と打者、、、両立を考えてみた

    二兎を追う者は一兎をも得ず、、、なのか?本当にできないんでしょうか…

  3. bisiness

    「やらなければならない」ことほど「やる気」が出ない!どうする?

    さっしーです。やらないといけない事って、、、なかなか手を付けた…

  4. bisiness

    採用面接でも聴く!聴く姿勢で好印象を与える #就活

    社内での会話や社外との商談から、家庭や友達との何気ない会話でも「聴く姿…

  5. bisiness

    人材育成は管理職の大事な仕事だよ

    人を育てるのは大事な仕事部下を育てるのは管理職の大きな仕事の一つで…

  6. bisiness

    安全運転・交通事故防止の6つのポイント

    最近の若い人は車に興味のない人が多いらしいですね。しかし社会では自…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP