bisiness

ニーズとウォンツがわかれば


アイウォンチュウ

アイニージュー

 

歌の歌詞でよく耳にします。

 

歌詞ではだいたい二つセットで使われていますよね。

カタカナで書くとちょっとヘンですね。

 

これが必要だ。

これが欲しい。

 

ニーズ、は発生するもの?

ウォンツは、誘導されるもの、作られるもの?

 

「売る」ためには、ニーズやウォンツを考えたり、創りだせばいいのでは?

 

これが欲しい、、、本当に必要か?程度だけど、、、

必要だけど、もし必要でなければ欲しいとは思わない。

必要ないし、欲しいとも思わない。

必要だし、欲しい!

 

大きく分けてこの4パターンになりますね。

 

歌に出てくるアイウォンチュー・アイニーヂューなどは「必要だし、欲しい」ですね。

健康診断は必要ですが、喜んでは受けたくない(欲しくない)ですよね。(わたしだけ?)

かっこいい服、お酒、など、欲しいけど無くても問題はないですよね。欲しいですけどね。

煙草やお酒をやらない人にとっては、お酒も煙草も欲しくもなければ必要でもないですよね。

 

では、どうすれば売れるか?

 

欲しいと思ってもらえれば、売れるかもしれません。

 

必要であれば売れます。

 

必要だし、欲しいとなれば、すごく売れますよね。

 

では、「こういうの、あったらいいな」というのは、どの分類に入るのですかね?

あったらいい=それがないと絶対に困るというものではありません。

なくてもなんとかなるということ。

欲しいけど、無くても何とかなる、、、、

だから買わない、ということではありませんが、弱いですよね。

ただ、安くてすごく便利だと売れます。要はコストパフォーマンスの問題です。

 

アメリカのゴールドラッシュで儲けたのは、掘った人じゃなく、掘る人たちにつるはしを売った人。

 

掘るために、掘る人たちにとって「つるはし」は必要です。

目的達成のために欠かせないもの。

より高機能なつるはしがあれば、より欲しいと思われるでしょうね。

 

欲しい、と思ってもらうには?

 

川上徹也さんの「物を売るバカ」にはこうあります。

物語(ストーリー)が商品を輝かせる。

 

価値には「機能的価値」と「感情的価値」があります。

 

機能的価値は、数字で表せたり、●◆できる!などです。

感情的価値は、欲しい!の強さ。それはストーリーがあると強化されます。

そういう意味では、機能的価値はニーズにつながり、感情的価値はウォンツにつながる、と見ることができます。

 

今の時代、ニーズを満たすための物はあふれています。

そんな中で、感情的価値を高めてウォンツを高めることが「売り」につながるということになりますね。

 

感情的価値を高めるのは「ストーリー」

 

ストーリーは嘘で作るのではなく、見つけて組み立てるのです。

 

ということを頭に入れつつまわりを見回してみると、結構面白いですよ。


関連記事

  1. bisiness

    自分で選択肢を拡げておこう  

    あなたの家の前の道路、どうなってるかわたしにはわかりませんが、、、例え…

  2. bisiness

    現状維持では後退だぁ  

    絶対的な現状維持は相対的な後退です。 周りは進んでいきます。学ばない人…

  3. bisiness

    同一労働に何が起きているのか

    さっしーです。働き方改革の柱、同一労働同一賃金。同じ仕事に従事…

  4. bisiness

    月100時間の残業は過酷か?

    残業時間の制限が厳しくなります。繁忙期で月100時間まで。これ…

  5. bisiness

    アッ というま  

    30年前、まだ携帯電話なんかぜんぜん普及してませんでした。 パソコンも…

  6. bisiness

    どうせやるなら「前向き」に!

    さっしーです。宿題、食後の片付け、トイレ掃除、アイロン、長距離走、…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP