bisiness

stay hungry,stay foolish  


2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの有名な一節。

 

stay hungry,stay foolish

 

人間は経験を積むだけ、「常識」や「思い込み」が付いていきます。

それらの経験には意味があったと信じていますが、もしかしたら「たいしたことない経験」を積み重ねていたのかもしれません。

 

結果として、蓄積された「常識」や「思い込み」によって、どんどん「挑戦」しなく(できなく)なっていくというのもよくある話です。

 

どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」と斜に構えて評論してしまうのは、身に付けた「常識」や「思い込み」から。

 

あなたもたぶん知ってる通り、ジョブズは「非常識」な人ですが、「挑戦」し続けた人です。

映画や自伝を読むと、ある意味とんでもなく非常識な人です。

近くにいたら近寄りたくないと思うような人です。

しかし、確かに世界を変えた人ですよね。

 

次に進むための武器になるはずの経験の蓄積が、逆に一歩前に足を踏みだせない足かせになっていないでしょうか?

 

自分が進めないだけではなく、挑戦している人の足も引っ張ったりしていないでしょうか?

 

自分のことはさておかせていただいて言うと、わたしはそういう人をたくさん見てきました。

ある程度成功し社会的地位のある方にも結構多いですし、ただの年上の人にも結構います。

特に、自分より年少者の足を引っ張る大人はたくさんいます

 

「どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」、、、、、、、

 

おそらく、わたしにも似たような傾向があると危惧しています。

 

たとえこれまでの経験が「たいしたことない経験」だったとしても、そこから得た(わずかな)「蓄積」を有意義に使いたいものです。

 

「本当に挑戦しているか?」

「今のままで本当に満足なのか?」

「わたしに何が貢献できるのか?」


関連記事

  1. bisiness

    経験がないからこそやる!

    さっしーです。次のこと、商談の前など、未来のことを考える時、「期待…

  2. bisiness

    意識的に選択してみる

    さっしーです。人間は自分自身が決めたことは「しよう」と思うもの。…

  3. bisiness

    「俺には俺の生き方がある」(加藤締三著)を読んだなぁ  

    古い本です。 「俺には俺の生き方がある」加藤締三著 高校生の…

  4. bisiness

    やるべき事は結構単純=シンプル

    シェフは美味しいもので喜びを。医師は治療で患者を救う。何する人…

  5. bisiness

    採用面接でも聴く!聴く姿勢で好印象を与える #就活

    社内での会話や社外との商談から、家庭や友達との何気ない会話でも「聴く姿…

  6. bisiness

    職場の飲み会って

    さっしーです。職場では「飲み会」が、いろいろな名目で行われます。…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP