bisiness

stay hungry,stay foolish  


2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの有名な一節。

 

stay hungry,stay foolish

 

人間は経験を積むだけ、「常識」や「思い込み」が付いていきます。

それらの経験には意味があったと信じていますが、もしかしたら「たいしたことない経験」を積み重ねていたのかもしれません。

 

結果として、蓄積された「常識」や「思い込み」によって、どんどん「挑戦」しなく(できなく)なっていくというのもよくある話です。

 

どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」と斜に構えて評論してしまうのは、身に付けた「常識」や「思い込み」から。

 

あなたもたぶん知ってる通り、ジョブズは「非常識」な人ですが、「挑戦」し続けた人です。

映画や自伝を読むと、ある意味とんでもなく非常識な人です。

近くにいたら近寄りたくないと思うような人です。

しかし、確かに世界を変えた人ですよね。

 

次に進むための武器になるはずの経験の蓄積が、逆に一歩前に足を踏みだせない足かせになっていないでしょうか?

 

自分が進めないだけではなく、挑戦している人の足も引っ張ったりしていないでしょうか?

 

自分のことはさておかせていただいて言うと、わたしはそういう人をたくさん見てきました。

ある程度成功し社会的地位のある方にも結構多いですし、ただの年上の人にも結構います。

特に、自分より年少者の足を引っ張る大人はたくさんいます

 

「どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」、、、、、、、

 

おそらく、わたしにも似たような傾向があると危惧しています。

 

たとえこれまでの経験が「たいしたことない経験」だったとしても、そこから得た(わずかな)「蓄積」を有意義に使いたいものです。

 

「本当に挑戦しているか?」

「今のままで本当に満足なのか?」

「わたしに何が貢献できるのか?」


関連記事

  1. bisiness

    『人生が変わる会話術』気持ち良く「聴ける」「話してくれる」ポイント

    わたしは息子からコミュ障と良く怒られるので、会話術の本を読んだりしま…

  2. bisiness

    有給休暇を活かせ

    さっしーです。「有給休暇(年次有給休暇)」ってありますよね。い…

  3. bisiness

    安全運転・交通事故防止の6つのポイント

    最近の若い人は車に興味のない人が多いらしいですね。しかし社会では自…

  4. bisiness

    仕事のやりがいや充実感がワーク・ライフ・バランスの前提

    ワーク・ライフ・バランスとは、内閣府によると、「仕事と生活の調和」と訳…

  5. bisiness

    自慢話も聴いてあげてください

    さっしーです。「俺が若い頃には、、、、、」という先輩の自慢、聞いた…

  6. bisiness

    どうやって就職先選ぶ?

    さっしーです。既に大学3年生も就職について考えている時期ですね。…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP