bisiness

stay hungry,stay foolish  


2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの有名な一節。

 

stay hungry,stay foolish

 

人間は経験を積むだけ、「常識」や「思い込み」が付いていきます。

それらの経験には意味があったと信じていますが、もしかしたら「たいしたことない経験」を積み重ねていたのかもしれません。

 

結果として、蓄積された「常識」や「思い込み」によって、どんどん「挑戦」しなく(できなく)なっていくというのもよくある話です。

 

どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」と斜に構えて評論してしまうのは、身に付けた「常識」や「思い込み」から。

 

あなたもたぶん知ってる通り、ジョブズは「非常識」な人ですが、「挑戦」し続けた人です。

映画や自伝を読むと、ある意味とんでもなく非常識な人です。

近くにいたら近寄りたくないと思うような人です。

しかし、確かに世界を変えた人ですよね。

 

次に進むための武器になるはずの経験の蓄積が、逆に一歩前に足を踏みだせない足かせになっていないでしょうか?

 

自分が進めないだけではなく、挑戦している人の足も引っ張ったりしていないでしょうか?

 

自分のことはさておかせていただいて言うと、わたしはそういう人をたくさん見てきました。

ある程度成功し社会的地位のある方にも結構多いですし、ただの年上の人にも結構います。

特に、自分より年少者の足を引っ張る大人はたくさんいます

 

「どうせ無理」「できるわけない」「ばかなことを」、、、、、、、

 

おそらく、わたしにも似たような傾向があると危惧しています。

 

たとえこれまでの経験が「たいしたことない経験」だったとしても、そこから得た(わずかな)「蓄積」を有意義に使いたいものです。

 

「本当に挑戦しているか?」

「今のままで本当に満足なのか?」

「わたしに何が貢献できるのか?」


関連記事

  1. bisiness

    自分への思いやりで残酷な現実を乗り越えよう

    「俺はビッグになるんだ!」と言って東京に戻った同級生A君がいました。…

  2. bisiness

    「やらなければならない」ことほど「やる気」が出ない!どうする?

    さっしーです。やらないといけない事って、、、なかなか手を付けた…

  3. bisiness

    「どの道を行く?」よりも「どこに行く?」 #働く #就活

    会社勤めなんか、何でするのかわからない!と主張している有名人は最近結構…

  4. bisiness

    おすすめBOOK ver.1  

    わたしは大学1回生の時に一ヶ月ほど、入院をしました。しかし慢性疾患の治…

  5. bisiness

    どうせやるなら「前向き」に!

    さっしーです。宿題、食後の片付け、トイレ掃除、アイロン、長距離走、…

  6. bisiness

    ゴミを拾おーーー!  

    その辺にポイッとゴミを捨てない、ということは子供の頃から教えられている…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP