健康

親離れ 子離れ 旅立ちの季節  


何年前の3月だったか?

35年くらい前だろうか、、、

わたしは大学に入るタイミングで地元を離れた。

 

もともと地元を離れたくなかったので、さみしかったけれど、まわりの友達は喜んでいた。

わたしには、そういう友人達の気持ちがぜんぜん理解できなかった。

当時、とても心細かったのを思い出す。

 

しかし、あの頃の光景は思い出せない。

家での最後の食事も、思い出せない。

結局、出て行く側にとってはその程度のことだったのか、と思う。

当時の親の気持ちは、どうだったんだろう。

 

 

わたしの息子は、自分から「東京に行きたい」と言い出した。

たぶん、あの頃私が理解できなかった「喜び」が彼の中にあるんだと思う。

親にもいろいろいるんだと思うけれど、わたしは今度もとてもさみしかった。

あの時の何倍もさみしかった。

 

子供が上京するタイミングで東京に出張し、部屋を見た。

さんざん近所や学校を中心に歩き回って、足が痛くなった。

 

帰る間際にこんな手紙を部屋のポストに入れた。

 

 

数日前から想い出しています。

 

私のお腹の上ですやすや寝たこと。

サファリパークで鶏に追いかけられながら走って飛びついてきたこと。

いっしょにサッカーの試合に行ったこと。

病院に入院した時のこと。

中学に合格した時のこと。

いろんなことが頭をよぎります。

 

もう二十歳前。しっかりわかっていることばかりだと思うけど、それでも老婆心ながら、いくつか書かせてもらいます。

親とはそういうものだと思って読んでください。

 

しっかり勉強して世の中の役に立つ人になってほしい、私はあの頃勉強しなかったけど、、、

母さんに時々電話してあげてほしい、私は親不孝だけど、、、

かっこいい男になってほしい、私はかっこ悪いけど、、、

感謝して生きてほしい、私は今頃気づいたけど、、、

過去や未来にとらわれず、今を精一杯、現状起点にベストを尽くしてほしい!

 

なにより、とにかく健康でいてほしい!!!

 

PS.●●から応援しています。

 たまには帰ってきてほしい。

 

もう少し長かったと思うけれど、こんな感じの手紙だった。

 

いろいろな想いが溢れすぎて、うまく書けなかった。

ていうか、ホテルで何回も何回も書き直した。

 

結局、元気でいてほしい、ということに尽きるのだが、それだけでは寂しいし、もっと何か言ってやりたいとも思っても、うまく書けない。

 

そのうちこっちだけ盛り上がっているような気がして、読み手の息子は、何言ってるの?となるのかなと、、、

 

前夜書いた手紙を、小遣いを少し入れてそっと部屋のポストに入れておいた。

用事があるからと、会わずに帰った。

 

東京駅で比較的空いていた串揚げやさんで昼食をとりつつビールを飲んで少し良い気持ちに。

東京駅も、人が多く、わたしの足はつりそうだった。

 

東京からの新幹線でもビールとサンドイッチで夕食にした。

少し眠ったかなという程度で自宅に到着。

 

静かになったけど、ほとんど変わりのない日常に戻った。

足の痛みだけが残っていた。

 

 

今回はちょっとセンチメンタルバージョンで書いてみました。

あなたも、たまには連絡してみませんか?


関連記事

  1. 日記

    東京一極集中が止まらない

    東京への一極集中が止まらないですね。総務省が1月29日、住民基本台…

  2. 日記

    カレーライスと大和言葉

    カレーライス、好きですか?日本のカレーカレーライス、ほとんどの…

  3. 日記

    オシャレセンス低めの人でもオシャレに見せる最終手段

    大好きな番組「得する人損する人」をみて「最速でおしゃれに見せる方法」を…

  4. bisiness

    ゴールデンウィークを有意義な時間にしたい

    日本では、4月終わりから5月頭にかけての大型連休を「ゴールデンウィーク…

  5. 日記

    カープ新井さんの解説が得損ヒーローズの家事えもんの話にそっくりな件

    さっしーです。プロ野球日本シリーズ盛り上がってますね。こういう…

  6. bisiness

    これをやるのはあたりまえですから  

    日曜夜の「大切なことは○○が教えてくれた」という番組にアナウンサーの草…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP