健康

親離れ 子離れ 旅立ちの季節  


何年前の3月だったか?

35年くらい前だろうか、、、

わたしは大学に入るタイミングで地元を離れた。

 

もともと地元を離れたくなかったので、さみしかったけれど、まわりの友達は喜んでいた。

わたしには、そういう友人達の気持ちがぜんぜん理解できなかった。

当時、とても心細かったのを思い出す。

 

しかし、あの頃の光景は思い出せない。

家での最後の食事も、思い出せない。

結局、出て行く側にとってはその程度のことだったのか、と思う。

当時の親の気持ちは、どうだったんだろう。

 

 

わたしの息子は、自分から「東京に行きたい」と言い出した。

たぶん、あの頃私が理解できなかった「喜び」が彼の中にあるんだと思う。

親にもいろいろいるんだと思うけれど、わたしは今度もとてもさみしかった。

あの時の何倍もさみしかった。

 

子供が上京するタイミングで東京に出張し、部屋を見た。

さんざん近所や学校を中心に歩き回って、足が痛くなった。

 

帰る間際にこんな手紙を部屋のポストに入れた。

 

 

数日前から想い出しています。

 

私のお腹の上ですやすや寝たこと。

サファリパークで鶏に追いかけられながら走って飛びついてきたこと。

いっしょにサッカーの試合に行ったこと。

病院に入院した時のこと。

中学に合格した時のこと。

いろんなことが頭をよぎります。

 

もう二十歳前。しっかりわかっていることばかりだと思うけど、それでも老婆心ながら、いくつか書かせてもらいます。

親とはそういうものだと思って読んでください。

 

しっかり勉強して世の中の役に立つ人になってほしい、私はあの頃勉強しなかったけど、、、

母さんに時々電話してあげてほしい、私は親不孝だけど、、、

かっこいい男になってほしい、私はかっこ悪いけど、、、

感謝して生きてほしい、私は今頃気づいたけど、、、

過去や未来にとらわれず、今を精一杯、現状起点にベストを尽くしてほしい!

 

なにより、とにかく健康でいてほしい!!!

 

PS.●●から応援しています。

 たまには帰ってきてほしい。

 

もう少し長かったと思うけれど、こんな感じの手紙だった。

 

いろいろな想いが溢れすぎて、うまく書けなかった。

ていうか、ホテルで何回も何回も書き直した。

 

結局、元気でいてほしい、ということに尽きるのだが、それだけでは寂しいし、もっと何か言ってやりたいとも思っても、うまく書けない。

 

そのうちこっちだけ盛り上がっているような気がして、読み手の息子は、何言ってるの?となるのかなと、、、

 

前夜書いた手紙を、小遣いを少し入れてそっと部屋のポストに入れておいた。

用事があるからと、会わずに帰った。

 

東京駅で比較的空いていた串揚げやさんで昼食をとりつつビールを飲んで少し良い気持ちに。

東京駅も、人が多く、わたしの足はつりそうだった。

 

東京からの新幹線でもビールとサンドイッチで夕食にした。

少し眠ったかなという程度で自宅に到着。

 

静かになったけど、ほとんど変わりのない日常に戻った。

足の痛みだけが残っていた。

 

 

今回はちょっとセンチメンタルバージョンで書いてみました。

あなたも、たまには連絡してみませんか?


関連記事

  1. 日記

    プレミアムフライデー?スペシャルウィークエンド?  

    月末の金曜日は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を送ろうとい…

  2. bisiness

    新しい環境で良い仲間をつくりたい

    さっしーです。昨日、天気はいまいちでしたが、ウォーキングに出かけま…

  3. bisiness

    時間の使い方  

    ある大学教授が教室で生徒達の前に立っていました。授業が始まり、教授は無…

  4. 日記

    友人と  

    有朋自遠方来 不亦楽 切磋琢磨できる、本当の意見交換が出来る友人は、大…

  5. bisiness

    できなかったらどうしよう  

    「できなかったらどうしよう?」 誰でも経験がありますよね。 そんな気持…

  6. 日記

    日本の将来は本屋さんにかかっている!?  

    私は本を読むのが好きです。おもしろい小説は引き込まれますし、勉強になる…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP