bisiness

「ライバル」はいますか?  


「ライバル」あなたにはいますか?

 

同じくらいの実力を持った競争相手。

好敵手、宿敵とも言いますが、当事者同士は「同志」的な意識もあるのではないでしょうか。

お互いに切磋琢磨して成長しあえる相手です。

 

ライバルがいたからこそここまで来れた、という話もよく聞きますよね。

永遠のライバル、宿命のライバル、ライバル意識というような言葉、よく出てきます。

恋のライバルなんていうのもありますね。

 

長嶋選手と王選手、秀吉と家康、信玄と謙信、真央ちゃんとキム・ヨナ選手、

早稲田と慶應、ブラジルとアルゼンチン(サッカー)、キリンとアサヒ、、、、

 

同じチームのライバルもいますし、争っているライバルもいますね。

本当のライバルならば、正々堂々と勝負して勝利したいもの。

敵に塩を送る逸話、信玄と謙信のライバル関係はそれを表していますよね。

ちなみに信玄は、自分なき後、謙信を頼るように言ったとか。

互いに相手を認めつつ争う、そんな関係なんですね。

 

しかし、Win-Winの関係というような考え方もあります。

ある意味では、どっちかが勝つ、というだけではない世界の方が断然多いのではないでしょうか?

前提条件やものの捉え方次第で、争わないでWin-Winが成り立つのです。

 

いずれにしても、欠かせないのは自己成長

自分が退化していては、競争もWin-Winも成り立たなくなります。

 

そういう意味で「最大のライバルは(昨日までの)自分自身

 

昨日までの自分自身のことも認めつつ、それを上回りたいですね。

相手は止まっています。

それ以上成長しません。

あとは、今の自分がやるだけです!

 

スティーブ・ジョブズは言っています。

「アップルが勝つには、マイクロソフトが負けなければ、という視点を乗り越えなければならない」と。

ジョブズはMSと戦っているのではなく、世界を変えるという自分の夢と戦っていたんですね。

 

そういえば、1974年西ドイツワールドカップのオランダチーム。

クライフ率いるチームは「トータルフットボール」で世界に驚きを与えました。

決勝で地元西ドイツに敗れて準優勝となりましたが、これだけ語り継がれているチームです。

 

彼らは「ビックリするようなサッカーをしよう」とプレーしていたのではないでしょうか?

相手ではなく、夢に向かって戦っていたんですね。

 

最後に恋のライバルということでちょっと脱線気味の余談ですが、きっと役に立つ逸話をご紹介します。

 

スティーブ・ジョブズが言っています。

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男性がバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい??

そう思った時点で君の負けだ。

ライバルが何をしようが関係ない。

その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。」

 

相手に流されず、自分が目指すものに向かって進むことがポイントですね。


関連記事

  1. bisiness

    そんなのあたりまえだろ?

    「そんなこと常識だろ!」確かに世の中には「常識」と言われることがた…

  2. bisiness

    具体的なことから、抽象的なノウハウを

    <今日全力で過ごせたか?>さっしーです。わたしは、「今日、全力…

  3. bisiness

    stay hungry,stay foolish  

    2005年に、あのスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行…

  4. bisiness

    自分は何に情熱を持ち続けられそうか?が見えてくるかもよ

    もはや会社で働くということがあたりまえではない時代に変わりつつあります…

  5. bisiness

    頑張れ若社長

    あんちゃん的若社長わたしの知ってる会社の若社長はまだ32歳。…

  6. bisiness

    中間管理職は中心管理職

    さっしーです。中間管理職はつらいもの。上からはうるさく言われ、…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP