bisiness

思うようにならないからこそ(真の)「がまん」で  


なかなか思うようにいかないのが人生。

あの徳川家康だってこんな事言ってます。

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。

急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし。

心に望み起こらば困窮したる時を思い出すべし。

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身に至る。

己を責めて人を責むるな。

及ばざるは過ぎたるに勝れり。」

ここに出てくる「堪忍」。

こらえてしのぶことという意味ですが、今流に言うと「がまん」。

この「がまん」、「あきらめる」「望まない」という意味で使われることが多いですが、それは違います。

おもちゃ売り場でダダこねてる子供の横でお母さんが「ガマンしなさい」と言ってる光景見た事ありませんか。

人は人生の中で他の人と関わりながらでないと生きていけません。

しかし「他の人」というのはよくわからないもの。

「他の人」は自分の思うようにはなりませんから。

そうすると「がまん」が必要になってきます。

そんな時「だったらどうしよう」と考え、行動して乗り越えるのが本当の「がまん」

先程の子供の例だと、例えば「だったら自分で(おもちゃを)つくってみよう」と思えばすごい成長ですよね。

まがりなりにも何か作ったらどう思いますか?

たぶん、簡単にはいきません。

何度も何度も作り直して、なんとかできる程度でしょう。

でも、とても大きな達成感を味わい、自信がつくのではないでしょうか。

「過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来」という言葉の通り、自分が変わることが求められます。

それは「がまん」が必要なこと。

「あきらめる」では根本解決しません。

働いてる人なら思った事がある人多いと思いますが、「給料安過ぎ、、、」

居酒屋で愚痴っても給料は上がりません。

もっと収入得るために、何をしますか?

あきらめるのも自由ですが、根本解決にはなりませんよね。

きっといつまでもグズグズ言いながら働くことになります。

本当にあきらめるのも難しいものです。

だったらどうするかと考えて、スキルを身に付けるとか、副業するとか、転職するとか、考えて行動しないと変える事はできません。

何か問題、思い通りにいかない事にぶつかった時、あっさり「あきらめる」のは「がまん」ではありません

何か問題、思い通りにいかない事にぶつかった時、なんでこうなるんだと怒っても何も解決しません。

居酒屋で愚痴ったところで何も変わりません。

「だったらこうしてみよう」と粘り強くあきらめず、知恵と工夫で乗り越えてこそ「がまん」です。

人生は思うようにならないからこそ、がまんで乗り越え、より充実した人生にしたいものです。


関連記事

  1. bisiness

    「俺には俺の生き方がある」(加藤締三著)を読んだなぁ  

    古い本です。 「俺には俺の生き方がある」加藤締三著 高校生の…

  2. bisiness

    頭の中はファンレス!勇気を持って休憩しよう!!

    さっしーです。水の入った小さなコップ、重さどれくらいありますかね?…

  3. bisiness

    自分をどうアピールするか

    自分をアピールする機会って、ちょっと困りますよね。あなたはどうして…

  4. bisiness

    どうせやるなら「前向き」に!

    さっしーです。宿題、食後の片付け、トイレ掃除、アイロン、長距離走、…

  5. bisiness

    「できなかったらどうしよう」より「できたらどうしよう」と

    「できなかったらどうしよう?」 誰でも経験がありますよね。…

  6. bisiness

    一番のセールスポイントは自己嫌悪ですby『たった一人の熱狂』を読んで自己嫌悪中

    熱いのは松岡修造さんの専売特許かと思ってましたが、見城徹さんも熱いです…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP