bisiness

正しい努力をしていますか?


努力」、日本人の大好きな言葉です。

わたしも好きです。

でも強要されるのはだれしもイヤなもの。

しかし自主的に努力するのもなかなか難しいものです。

そんな時には、こうなりたいというような目標イメージが役に立ちます。

そのために何をするかどれだけするか、が努力の具合。

自分がなりたいものに向かうことですから、比較的努力しやすくなります。



私の友人の秋●君は、一浪して東京の大学に入学。

高校の頃は普通の学力、見た目も普通でした。

そんな彼に数年ぶりに会ってみると、なんと横には外人の彼女。

彼女は片言の日本語は出来るようですが、なんと秋●君は英語で話してるじゃないですか!

たぶん秋●君は英語を話せるようになりたくて「努力」したのでしょう。

モチベーションは大事です。

ちなみにその一年後に会った時にも外人の彼女。

しかし一年前とは違う女性でした、、、



何をするか?」は特に重要です。



野村克也さんは書いています。

「素振りで大切なのは回数ではない。正しい素振りをしているかである。」

成果を出すためには「正しい努力」が大切

しかし、正しい努力であっても「正しい素振り」はすぐに結果が出るというものでもありません。

だから、何かと理由をつけてやめたり、すぐに結果が出ることを求めてしまったりしてしまいます。

すぐには結果に出にくいけれども、結果を出すには欠かせないことってありますよね。

いわゆる基礎基本にそういう事が多いです。

以前書いた「急がないけど重要な事」に似ていますね。



正しい努力をしていれば成功するわけではありませんが、成功者は皆正しい努力をしています。

正しい努力なくして成功なしです。

正しい努力をしても、結果はすぐに出ない事もあります。

それでも続けられるかが結果の分かれ目。

基礎はじっくりしっかり取り組まなければ、すぐに崩れてしまいます。



基礎に限らず、正しい努力は大切です。

自分のできることを伸ばすのか?

自分の出来ない事を出来るようにするのか?



●●大学に合格するために、得意な英語を伸ばすのか、苦手な国語に取り組むのか?

◆◆商事に入社するために、得意の英語を伸ばすのか、苦手な小論文に取り組むのか?

まずは戦略的な選択が求められますね。

長所を伸ばすか、短所を伸ばすか、については「長所を伸ばす?長所を活かす!」を読んでみてください。

得意なものは好きなもの。

上記で言えば、英語の努力は続くでしょう。

しかし、苦手なものは気が進まないもの。

国語や小論文は、すぐにイヤになってきます。

そんな時は、国語や小論文に取り組むというよりも、目的(合格や入社)を具体的にイメージすることでモチベーションが維持しやすくなります。



自分の努力は自分がよく知っています。

自分を褒めたいくらい努力できたか?

努力したのに結果が思わしくなかったら、方向が違ってたかな?方法が違ってたかな?量が足りなかったかな?と検証してみましょう。

次に良い結果が出る可能性が大きく上がります!


関連記事

  1. bisiness

    まずイシューを考える!

    さっしーです。ムダな会議、ありますよね。いまだに結構多いもので…

  2. bisiness

    免許があっても、マニュアルがあっても

    さっしーです。免許があっても危険運転が問題になっています。…

  3. bisiness

    アッ というま  

    30年前、まだ携帯電話なんかぜんぜん普及してませんでした。 パソコンも…

  4. bisiness

    頑張れば売れるのか?根性入れればできるのか?コペルニクス的転回を!

    さっしーです。ガIアの夜●けという番組で、某ビールメーカーの社内『…

  5. bisiness

    ボトルネックと全体最適

    途中まで3車線、ところがあるところで1車線になる道路、高速31号線。…

  6. bisiness

    10年後、ここにいて大丈夫か?と不安な人へ

    さっしーです。会社に入ったはいいけど、しばらくして様子がわかって業…

スポンサーリンク

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP