bisiness

IoT ? インダストリー4.0 ? 若者の時代


さっしーです。

IT;インフォメーションテクノロジー

ICT;インフォメーション&コミュニケーションテクノロジー

IoT;インターネット オブ ティングス

似たような、わかるようなわからないような横文字です。

そんな話、インダストリー4.0に関して面白いお話しを聴く機会がありました。

新しい時代は近い

出てくるのはアルファベットばっかりかい!と、、、

昔、現在2020年のイベントを取り仕切ってる「元ちょっとだけ総理」が、ITを「イット」と読んで大騒ぎになりましたが、、、

AICloudBig Data

あたたかい南の国での、熱い衝撃的なお話。

思ってる以上に早く、新しい時代が来そうです。

行政も積極的に動き始めています。

2020年のオリンピックまでに、というちょうどいい目印もありますからね。

鍵は「目」

特にAIIoT

ITの時代は、人間がデータを活用しますが、AIによって加工も人間の手から離れる時代

人工知能が目を持って、インターネットによって物がつながり、新しい価値を生みだす時代

自動運転もドローンも、すぐそこです!

今、一般世間では、まだまだITの時代かもしれませんが、ちょっと進むとICTくらいまでは進んでいます。

そこにAI(人工知能)とビッグデータが加わり、AIが目を持つと、IoTが一気に開花する時代にさしかかっています。

インダストリー4.0

すでにUberなどのシェアリングエコノミーは実現しています。

トレーサビリティーも徹底的に追求できる時代。

中国では既に食品に関して全て、完全なトレーサビリティーが国主導で実現しそうです。

ドイツやアメリカは、すでに国家戦略としてインダストリー4.0の世界に。

 

18世紀のニューヨークでは、物流は馬車の時代。

当時、馬車による物流をしていた業者は200ほど有ったそうです。

馬の尿や糞で、都会なのに田舎のような香りがする街だったようです。

そして、自動車が登場。

物流は、馬車から自動車へ、という時代が来た時、200の馬車物流業者は全滅でした。

200社全て、馬車にこだわり、1社も生き残ることができなかったのです。

 

今はそういう時代の再来です。

人間は

今人間にしかできないこと、人間だからできないこと、これらがAIと目によって取って代わられたり、不可能が可能になっていきます。

人間は、より高度に、より深く取り組む存在になる必要があります。

人間にしかできないことを、より高度にしていくことが求められます。

変わるしかないのです。

アメリカでは、バドワイザーの幹線大型トレーラー輸送(高速道路部分)の自動運行実験が既に成功しています。

日本でも、先頭車両のみにドライバーが乗車する隊列運行(高速道路部分)が実証実験段階です。

自動運転も、アウディーがもうすぐ、ニッサンも2018年には実現させると発表しています。

やるね!」です w

日本では、2020年までに、自動運転もかなりのレベルで実現しそうです。

(高齢者の事故による影響も社会問題化してますしね)

まず都市部以外(車が少ない高齢化地区)で始まっていくことでしょう。

そういうのが好きとか嫌いという時代ではありません。

インテルは「目」の技術を持った会社を買収しました。

これから来るIoT時代に必須の技術だからです。

若者の時代

そんな中、今できることをやりつつ、ステップアップが求められている時代なのです。

大きな投資の時代でもあります。

中小企業はどうなっていくのでしょうかね。

もはや若い人の時代です!おじさんたちにはチンプンカンプンの時代です。

変化についていけるのは若い人。

こだわらず柔軟に考えられるのが若い人です。

頼みますよ!!若い人!!

おじさんたちも精一杯頑張りますけどね^^


関連記事

  1. bisiness

    新入社員、電話対応の10ポイント

    今は携帯電話の時代になりましたが、まだまだオフィスの電話も鳴ります。…

  2. bisiness

    新入社員にとって大切なこと3つ

    新社会人の皆さんは、今、希望と不安で何とも言えない気持ちの人がほとんど…

  3. bisiness

    E-MailやLINEの時代だからこそ「手紙」

    今はE-MailやLINEの時代です。名刺にE-Mailアドレス載…

  4. bisiness

    謙虚は相手の心を捉える

    さっしーです。謙虚に、丁寧に、、、大切な基本姿勢です。(最近よく聞…

  5. bisiness

    ブツブツ言うのは、良い仕事につながらないし、健康にもよくないよ

    仕事をしていると、難問や面倒くさいことをする場面によく遭遇します。…

  6. bisiness

    安全運転・交通事故防止の6つのポイント

    最近の若い人は車に興味のない人が多いらしいですね。しかし社会では自…

スポンサーリンク

ブログ更新をメールで通知

メールアドレスを記入していただければ、更新をメールで通知できます。

twitterでフォロー

facebookでフォロー

お問い合せ

PAGE TOP