bisiness

  1. AIやロボットで仕事が楽になったと喜んでたら、仕事がなくなるかもよ

    AI(人工知能)で仕事が楽になったと喜んでたら、いつの間にか完全に取って代わられていたということが起こるんじゃないかなと予測している。昔的に言えば、後輩が入…

  2. 経営者、芸能人、プロスポーツ選手、などは長時間働いているなと思う

    会社勤めをしている人には労働時間的の制約が法的にあるもので、それは年々改善というか半ば強制的に短時間化されている。一方で、個人事業主や経営者には労働時間の制…

  3. 『売れないものを売る方法?そんなものがほんとにあるなら教えてください!』を読んだら面白かった

    川上徹也さんの本は『物を売るバカ売れない時代の新しい商品の売り方 (ワンテーマ21)』を拝読してから結構読んでます。今回は『売れないものを売る方法? そんな…

  4. 過去を活かすのも、未来を創るのも、今の行動しだい

    年齢を重ねるということは時間を過ごしてきたということ。あの時こうしてたら、、、などという「悔い」を感じる事はあります、、、後悔ですね。これは過去のことで…

  5. 今や40代で肩たたきされるんだゾォ

    「●●君はなぜ出社してないんだ?」「なぜ出社しないといけないんですか?もちろん仕事は仕上げますよ。」こんなCMが流れていますが、この星では近い将来普通の…

  6. 苦しい仕事7時間より楽しい仕事10時間へと働き方改革

    仕事って辛いこと?今政府が盛んに言っている「働き方改革」。その前提にあるのは「仕事って辛いこと」という考えですよね。労働時間を短くする=辛い事を少な…

  7. 地方から日本へ、国内から世界へと舞台が変わる

    これまでの変化わたしが新卒入社した会社、入社して数年後に人事部の同期に聞いたら、不採用の男の子が本社のロビーで「どうしても入社したいんです」…

  8. 神対応で長時間労働?んなこたぁない

    働き方改革の標的である長時間労働の処方箋として「神対応を見直せ」という記事を読みましたが「ぅん?」という違和感を感じたので書いておきます。厚生労働省が発表し…

  9. 丁稚奉公が日本を再生させる!?

    『琥珀の夢』伊集院静著を読んでいます。すごく面白いです。上下二巻ですが、上では鳥居信治郎氏の幼少時代から丁稚奉公時代を中心とした話です。 …

  10. 自分は何に情熱を持ち続けられそうか?が見えてくるかもよ

    もはや会社で働くということがあたりまえではない時代に変わりつつあります。しかし就活に一所懸命な姿はまだまだあまり変わっていないですね。会社で働くのが普通…

PAGE TOP